院内助産院、婦人科疾患治療、美容医療施術を行う札幌市東区の産婦人科

HOME » 母乳育児

母乳育児

母乳育児は人間を育てるためのやさしさの原点です。
女性は妊娠・出産すると授乳ができる体に変わっていきます。生まれたあかちゃんに母乳を飲ませることはごく自然なことです。

当院では、WHO「母乳育児成功のための10カ条」に基づき、必要でない限り母乳のみで育児を行うことに取組んでいます。

「母乳育児成功のための10か条」

  1. 母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること
  2. 全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること
  3. 全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法を良く知らせること
  4. 母親が分娩後30分以内に母乳を飲ませられるように援助をすること
  5. 母親に授乳の指導を充分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えてあげること
  6. 医学的な必要がないのに母乳以外のもの水分、糖水、人工乳を与えないこと
  7. 母子同室にすること。赤ちゃんと母親が1日中24時間、一緒にいられるようにすること
  8. 赤ちゃんが欲しがるときは、欲しがるままの授乳をすすめること
  9. 母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと
  10. 母乳育児のための支援グル-プ作って援助し、退院する母親に、このようなグル-プを紹介すること

分娩後カンガルーケアを行い、カンガルーケア中も授乳できます。
その後は母子同室ですのでお部屋で赤ちゃんが欲しがるたびに行って頂きます。

母乳育児

妊娠中から始める乳房マッサージ、出産直後のカンガルーケアの時から始める、初回授乳、退院後の電話訪問や母乳育児の会の開催などを行っています。

母乳分泌を促すために頻回授乳や乳房・乳頭マッサージ、遠赤外線マットなど使用します。
また、適宜母乳測定(どのぐらい母乳を飲めているか)を行ったり、毎朝赤ちゃんの体重測定を行っております。

期待される効果

母乳で育てることによって、母子とのつながりを深める以外にも、様々な効果が得られることがわかっています。

  • 母子の密着時間がより長くなり、赤ちゃんの精神的安定や情緒の発育を促します
  • 母子の愛着形成を促します
  • アレルギーが出にくくなると言われています
  • 学習能力に差がでると言われています
  • 乳頭に刺激を与えることで、ママの体内でオキシトシン(愛情ホルモン)が分泌され、より母性が確立されるといわれています

ママの声

実際に体験したママたちの感想をご紹介します。

  1. 「吸っている姿を見ているとカワイイ」
  2. 「大変でしたが、我が子が初めて飲んでくれた感動は忘れられません」
  3. 「すごく幸せな気持ちになれます」
Scroll Up