院内助産院、婦人科疾患治療、美容医療施術を行う札幌市東区の産婦人科

HOME » 産科医療補償制度

産科医療補償制度

2009年(平成21年)1月1日より、
当院は、産科医療補償制度に加入します。

この制度は、分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児と、その家族の経済的負担を速やかに補償する制度です。
また、脳性麻痺の原因分析・再発防止の機能とを併せ持つ制度として創設されます。

当院では、皆様が安心してお産に望めるようこの制度に加入しており、当院での出産予定の全ての妊婦さんに登録していただきます。

具体的な補償対象と内容は、2009年1月1日以降に
出生体重2,000グラム以上かつ妊娠33週以上のお産で重度の脳性麻痺となった赤ちゃんです。(妊娠28週以上の場合も補償対象となることがあります。)
また、20年間に渡り3,000万円が支払われます。(2008年11月現在)

2009年1月1日以降に当院で分娩される全ての妊婦さんに関しては、

  • 分娩予約時に登録証へ記入していただき、当院で妊産婦情報を登録します。
  • 分娩後、当院より分娩済みを連絡し、保険料(掛け金)を支払います。
  • 保険料に相当する金額は、当院の分娩料に加算されますが、出産一時金に相当の増額がなされておりますので、実質的な産婦さんの負担増加はありません。

新しい制度となり、不明な点やわかりづらい点もあるかと思いますが、ご理解とご協力をお願い致します。
  
◆産科医療補償制度についてのお問い合わせ
  電話 03-5800-2231  受付時間:午前9時~午後5時(土日祝除く)
  HP http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/index.html

Scroll Up