院内助産院、婦人科疾患治療、美容医療施術を行う札幌市東区の産婦人科

HOME » 肌と肌との早期接触

肌と肌との早期接触

赤ちゃんを母親の乳房の間に抱いて、裸の皮膚と皮膚を接触させながら保育する方法を早期皮膚接触と言います。

1979年コロンビアの小児科医師によって極低出生体重児を対象に始められました。

笑顔の赤ちゃん

当初は保育器が不足していたため、お母さんなどに自分の体温で赤ちゃんを温めてもらおうという目的でしたが、早期皮膚接触による児の生存率の上昇、養育遺棄の減少が社会的に認められるようになり、世界中に広まっています。

出産直後、へその緒がつながった状態ですぐに胸の上に抱いてもらい、出生1時間後まではそのままですごして頂きます。

また、帝王切開でもお母さんや赤ちゃんの状況によって、出産後なるべく時間があかないうちに、早期皮膚接触をして頂きます。

期待される効果

早期皮膚接触によって、次のような効果を期待できます。

  • 呼吸が安定します
  • 赤ちゃんの眠りが深くなり、起きているときも穏やかになります
  • 母乳保育が進みます
  • 母子の愛着形成が早く進みます

ママの声

実際に体験したママたちの感想をご紹介します。

  1. 「とてもよかった。小さくてあたたかくて、かわいくて…『頑張ってよかったー』ってとても思いました」
  2. 「産んでよかったという幸せ感が倍増しました」
  3. 「痛みが終わってほっとしたのと、もうすぐそばに自分の赤ちゃんがいるっている喜びとかわいさとで最高です」
  4. 「帝王切開でしたが、すぐに早期皮膚接触」をして授乳出来たのがすごくうれしかった」
  5. 「自分の子を抱いたときは、本当に愛しくて感動しました」
  6. 「わが子を受け止め、へそのを緒を切ってもらい、本当に良い経験をさせてもらいました」

安全対策

赤ちゃんの呼吸状態を見るために血液中の酸素濃度を調べる機械を赤ちゃんの足につけさせていただきます。
異常値になるとアラームで知らせてくれるます。

Scroll Up